転職理由は人それぞれ

その理由について

なぜ転職したいと思うのでしょうか。
その理由は人それぞれだと考えられます。
昔は年功序列制度が日本社会では定着していましたので、一度会社に入社すれば定年までその会社にいるのが当たり前となっていたのです。
それが現代では実力主義を導入する企業が増えたことや、大企業でも決して安定した経営を維持することが難しくなってきたということもあり、転職を希望される方が増えているのが現状です。
転職理由として考えられる事とは何でしょうか。
まずは職場環境が合わないという場合です。
仕事内容や待遇が入社前に想像していたものとは大きく違っていたという事も多いのではないでしょうか。
その会社でやりたい仕事があったのに、なかなかそれをやらせてもらえるチャンスに恵まれなかったという事もあるでしょう。
また職場の人間関係が悪くそれが原因となって精神的に参ってしまったなどなど職場の環境に不満を持つことで転職を考える方も多いかと思います。
さらには残業が多すぎて体を壊してしまったり、お給料が仕事量と見合わない、休みがほとんどとれないなどの待遇面に不満を持たれる方もいらっしゃいます。
他にやりたい仕事があるからという理由も挙げられます。
就職活動でなかなか希望する企業に就職できたりさらにはやりたい仕事ができる問う方は少数だと考えられます。
仕方なく希望する職種や企業に着けなかったけれど、やはり自分がやりたい仕事に就きたいと転職を考える方もいらっしゃると思います。
また例え希望する会社や職種につけたとしても、仕事を進めるうちに他にやりたい仕事が見つかることもあるのです。
さらなる自分のステップアップのために転職を考える方もいらっしゃいます。
今の会社の仕事では今後さらに自分のキャリアを積むには不十分かもしれないと思った時に転職を考える方も多いのではないでしょうか。
また会社の経営状態が良くないからといった理由もあります。
たとえ世間的に有名な大企業に就職していたとしても絶対に安泰とは言えない時代になってきました。
会社の経営が傾きリストラや給与カットのなどの可能性が出てきたらそれをきっかけに転職を考える方も多いのです。
転職する理由として近年まではこの会社の経営状態が良くないからというのがトップだったのです。
それが最近の調査では他にやりたい仕事があるからという理由がトップに変わったという記事を見ました。
それだけ景気が上向いてきている証拠だと思っていいのかもしれません。

Copyright (C)2014転職理由は人それぞれ.All rights reserved.